スポンサードリンク

風水によって部屋を変える

風水には部屋に置くインテリアを工夫したり、色を変える、方位を変えるということで、いろいろな運気がアップするのです。
あなたは何の運気をあげたいですか? 部屋に置くものや色、配置で、いろいろな運気アップが望める風水は、今たくさんの人から支持されているのです。


風水によって部屋を変える、それほど大がかりに行うことはありません。
もちろん家の新築や建替え、またリフォームや新築マンション購入などにはもってこいですが、部屋のインテリアを変更したり、その位置をかえることでも風水の運気アップは望めます。
手軽にできるものがあるから人気もあるのです。


風水をすることによって、部屋の雰囲気はがらりと変る場合もあります。
風水には色として黒という色はありませんから、黒を貴重にしたインテリアをおくことはありません。
風水は自然の明るい色がメインとなっています。
眠るときには部屋には深く眠れる色、学習する部屋は学習意欲がわくような色の部屋となるのです。


風水でお部屋探しをする場合、一番気にしたい部分は玄関ですね。
もちろん風水では道路のある方向と玄関の方向が重要となるのです。
これは対極という部屋の重心を知ることでどの方位にすればいいのか探ることが出来るようです。
好きな人と仲良く暮らしたいのであれば対極からみて道路が西北、玄関が東北だそうです!

posted by 風水部屋 at 01:09 | 風水部屋

風水の方角や色の法則を知る

風水というと、非常に難しく考える方もいるかもしれません。新築の際に方角を見て、鬼門や裏鬼門をしり、対極の位置から土地はここでいいのか、なんて知れば知るほど難しいのが風水ですから。でも、カーテン一つで運気がパワーアップすることも多くあるのですよ。

風水は難しく考えることはありません。家を新築するという大きな買い物の場合は、もちろんプロの風水師に見てもらうことをお勧めしますが、カーテンの色を変えたい、インテリアの色で運気アップをしたいという方でしたら、風水の方角や色の法則をしってご自分でトライすることも楽しいでしょう。

風水自体は難しいものです。方角・色・環境などをよく考慮し、さらに鬼門や裏鬼門、対極などの法則にしたがって、土地や家屋の場所を決定するわけですから。ですが、簡単に出来る模様がえ気分の風水もあります。カーテンの色を運気アップのものに変更するとか、良い場所に小物を置くなども立派な風水です。

風水は人を幸せにするため、家族の幸せ、一族の繁栄を願った家相を考え、方角や色、その周りの環境をも考慮して考えられた非常に奥深いものです。ですが、日本では、もっと気軽な色風水などによって、カーテンの色で運気アップを狙ったり、インテリアによって風水をしようという気軽なものが受けているようです。

posted by 風水部屋 at 10:25 | 風水色

風水で色はとても大切な要素

風水はとても大切な要素です。
例えば、金運がよくなる財布はどうすればいいのか? こういった場合は、風水でその年のラッキーカラーの財布を春に購入する、金具はゴールドがいいというように、いろいろな要素が係わってきます。
季節や色などによって変化していくのが、風水です。

風水は、ラッキーカラーという意味合いで使用される場合があります。
風水で言うラッキーカラーの小物を身につけたり、小さな置物をよいとされる方位におくことで、いい運気を取り入れることができるのです。
最近ではそういう場合に必要なインテリアや小物を簡単に手に入れられるようになってきました。

水の中でも色風水と呼ばれているものは、普段身に着けるものや生活空間の色を空間とともに考えようというものです。
風水という古来のものより多少気軽なイメージがありますよね。
色から考える風水は、小物や身につけるものでできますから、誰でも簡単にその世界に入ることができます。

風水に関することで感じたことは、風水というのは、方位を基本に考えますから、もちろん太陽がなくてはなりませんね。
太陽の光があることで、風水にとても重要な「色」を眼にすることが出来るのです。
この色が人を元気にし、癒し、ゆったりとできる空間を作り出すのです。

posted by 風水部屋 at 06:41 | 風水色

風水から見て金運がアップするお財布とは

風水では、持っているお財布によって金運に影響があると言われています。
風水では物の色や形によって運気が左右されると考えるので、持っているお財布の色や形が、その人の金運に影響を与えるということになります。
だから、どのようなお財布を持つのかというのは、実は重要な問題です。

風水から見て、金運がアップするお財布とはどのようなものでしょうか。
お金も伸び伸びとリラックスしたいと考えることから、お札を折らなくてもよい長財布が良い言われています。
風水では、このように、お金にとって居心地が良いという観点から、長財布にお金が集まりやすいと考えています。

風水では、お財布を新しくすることだけを勧めているわけではありません。
ただ、お財布にも寿命というものがあり、その時期を過ぎても使い続けると、お財布の持っている気力が衰えてしまうことがあります。
いくつかのお財布を使い分けてみるのも、それぞれの運気を巡らせるという点からみて有効です。

物の力を理解して、そこから気力を引き出すのが風水の基本です。
例えば、お財布をきちんと選ぶことで、金運が上がるのであれば、試してみない手はないでしょう。
丁寧に、きちんと扱うことでいま自分が持っている物も、その期待に応えて力を発揮してくれるようになるかもしれません。

posted by 風水部屋 at 02:56 | 風水財布

風水では気の通り道としての玄関を重視する

風水という言葉を雑誌やtvなどでよく見ます。
古代の中国の思想に基づいて、建物や物の位置から運気などを考えるというものですが、実際に取り入れるにはどうしたら良いのかと困っている人も多いのではないでしょうか。
家に関する風水では、まず玄関を重要視します。

風水では、気は玄関を通して家に入ってくると考えられています。
だから、家の運気を考えるときにはまず玄関のことを考えます。
玄関の運気によって、良い気を呼び込むことができたり、悪い気を招いてしまったりします。
こうして家に入る気を選別する上でも、玄関の様子が重要になります。

玄関をきれいに整えておくことは、良い運気を呼び込むために重要なだけではなく、家を訪れる人に良い印象を与える上でも重要です。
玄関は人でいえば顔にあたります。
だから玄関をきちんとしておくと、外から見た印象は良くなりますし、自分が家に帰るときにも気分が良くなります。

風水では気の通り道としての玄関を重視するといいますが、具体的にはどのようなことをすれば良いのでしょうか。
良い運気を招くには、玄関に黄色や金色の物を置くと良いようです。
逆にサボテンなどを置くと、運気を低下させてしまうと言われています。
あとは良い気を招くように、きちんと玄関を整えておくことが重要です。

posted by 風水部屋 at 18:38 | 風水玄関

自分の家の間取は風水的にどうなの

風水では、自然の気の流れと物の配置の関係を考えます。
風水は特に、建物や、間取といったことの分析に優れていて、方位や地形などから気の流れを考えていきます。
また、風水では間取によってどのように気の流れが変わるのかといったことを考えるので、風水の紹介ではよく間取図を目にすることになります。

風水は、気の流れを考えるものです。
だから、間取図を見ながら、風水に従って気の流れを考える場合には、間取の方位、そして気の流れに対してどのように家具などが配置されているのかといったことを考えます。
そうした気の流れから、部屋を改善するアイディアを引き出していきます。

実際に、自分の家の間取は風水的にどうなのだろう、と思っても自分で判断するのは困難です。
風水による間取の診断には、周辺の環境や、間取の正確な見取り図など多くの情報が必要です。
方法としては、自分できちんと調べて本などを見ながら考えたり、あるいは風水師に相談し、鑑定をお願いするという手もあります。

部屋の模様替えや、リフォームなどを考えているときには、感覚的に判断してしまうのではなく、より快適になるように、多くのアイディアを吟味したいところです。
風水で間取を見直して見ると、そんな部屋を改善するアイディアに出合えるかもしれません。
少し手間をかけて調べてみる価値はあるのではないでしょうか。

posted by 風水部屋 at 18:42 | 風水間取り

家相というのは風水でいう家の位相

家相が良い悪いという話を聞くことがあります。
家相というのは風水でいう家の位相のことです。
風水は、建物や物の配置などによって変わる気の流れを考えるものです。
だから、家相が良い悪いといった場合には、簡単に言ってしまえば、気の流れが良い悪い、ということになります。

家相というのは、本来そこにあった気の流れが、家を建てることによって変わってしまうことでの影響を考えるものです。
風水での家相の診断というのは、本来の気の流れが家にどのような影響を与えているのかを評価するものなのであり、そこでは地相というその土地の位相も重要になってきます。

家の住み心地は、この家相によって大きく影響を受けます。
自然の気の流れに合わない家は家相が悪くなり、家の中の気の流れも悪くなります。
人にもそれぞれ気に流れというものがあり、気の流れの悪いところでは居心地も悪くなります。
それゆえ、風水で家相を診断し、流れを理解するのが役に立ちます。

家というのは日々の生活の基盤であり、快適であるに越したことはありません。
風水の要因として家相に影響を与えるものは、方位、地形などさまざまな要因があり、調べていくのは少し大変です。
しかし、自分の住んでいる家の家相を見てみることで、快適な家づくりのアイディアが見つかる可能性は高いはずです。

posted by 風水部屋 at 07:55 | 風水

風水のインテリアは色や配置、方位で決定

風水のインテリアや配置、方位によって様々なものが決定していきます。
トイレなどは風水で鬼門に作らないほうがいいとされていますし、金運をアップしたい場合は、古いぼろぼろの財布を使っているとお金が逃げる、などいいこと、悪いことがはっきりと分かれています。

風水はインテリアそのもののなどにも注目しています。
インテリアそのもの、例えば、カーテンや壁を風水的に運気のいいにすることで、方位的に運気が下がる方向だとしても、その邪気を逃すことができます。
こうした逃げ道がたくさんあることも風水が日本に浸透した理由ともいえるでしょうね。

風水のインテリアで人気があるのは、おしゃれでとりどりのインテリアだけでなく、北の方位に置くと財産を守るといわれている八角形鏡も人気があります。
また、この鏡は南に置くことで、才能や魅力をアップするという意味合いがでるそうです。
そういえば日本でも鏡は聖なるものと考えられていますよね。

風水はインテリアや方位、、間取りなどに注意を払うことで運気を呼び込むというものですが、インテリアを買うお金がなくても大丈夫。
例えばベッドのが悪ければベッドカバーやシーツを交換する、カーテンなどのを変えるということだけでもいいのです。
風水はこれがだめならこれでいこう! という打開策があることも魅力の一つですね。

posted by 風水部屋 at 05:40 | 風水インテリア

風水はインテリアとも深く関係している

風水インテリアとも深く関係しています。
家の間取りなどは変更が難しくお金もかかりますが、風水の場合は小物やインテリアを変える、置く場所を変更するということだけで、運気を変えようというものです。
インテリアの配置なら簡単に動かすことができますね。

風水インテリアには色と密接な関係があります。
風水は8つの方位に分けられ、それぞれにラッキーカラーというものがあります。
部屋のコーディネートも方位に合わせた色にしたがっておくことになります
部屋のコーディネートをまず風水の色や方位によって確認しましょう。

風水インテリアは非常に大切な役割をしますが、それ以上に大切なのは、掃除です。
風水のインテリアを配置する場所が汚れているようでは、風水のインテリアによる運気アップも望めません。
玄関におもちゃが散らかっていたり、台所が汚かったりしては、風水での運気も逃げてしまいます。

風水インテリアを代えるとき、自分がこうなりたいという思いで、風水を勉強して運気アップの方位にインテリアをおいたり、運気を下げていたものを取り除いたりするだけでいいのです。
風水は難しく考えることはありません。
インテリアを購入することができなくても、何かしらの方法があるのが、風水のいいところです。

posted by 風水部屋 at 23:57 | 風水インテリア

黒門(こくもん)風水の特徴

風水の話題がメディアに出る際に、黒門という名前を目にする機会が多くあります。
黒門は「こくもん」と読み、有名な風水師の名前です。
黒門さんは、10代には既に中国の占術に出会い、その後中国をはじめ、韓国やチベットなど、現地に行き、その占術だけではなく歴史の研究にも取り組んでいます。

黒門さんの風水は特徴的なので、黒門風水と呼ばれています。
風水にはいくつかの流派がありますが、黒門風水は独自の立場から、八字風水、八宅風水、奇門遁甲という三つの方法を用います。
それぞれ、自分を知るための八字風水、人と家の吉方位を知るための八宅風水、そして未来を好転させるための奇門遁甲という古来中国より伝わる技法です。

黒門風水の中でも特徴的なのは、奇門遁甲です。
これは風水によって気の流れを読むだけではなく、その流れを積極的に利用して、自分に有利な状況を作り出そうという働きかけをする面を持っています。
ただ分析するだけではないというところが、黒門風水に注目が集まる理由なのでしょうか。

黒門風水を学ぶには、いくつかの道があります。
まず、本やサイトなどを詳しく読み込むこと。
また、黒門さんの講演などを聞きに行く方法もあります。
さらに本格的に学びたいという場合には、黒門風水の講座もあるので、そこできちんと体系的に学ぶこともできるので、自分で鑑定ができるようになることも可能です。

posted by 風水部屋 at 01:01 | 風水